スプレッドシートとAWSLambdaで無料BI作ったぞ

スプレッドシートBIはこんな感じ

商品データとか日付とかカテゴリーを入力して、検索するとスプレッドシートベースで数値とグラフが更新される。対象データを少なくするためデータの期間は直近2年間に限定。

本案件に至る経緯

営業拠点毎のデータを「なんかいい感じ」に操作すると「ぴゃっ」って表示出来たらいいよね。という話になった。

「ぴゃっ」って・・・。

やれやれ…。けだるそうに、ペンを回しながら、僕は重い口を開いた。

「それはですね。BIでやればいいんですよ。」

「ビジネスデータをBIを使って表示する」という悪魔的発想を披露したその時・・・。打ち合わせ現場は、溢れんばかりの拍手喝采となった。会議室だけでなく、フロア全体に広がった拍手の輪は、甘美なメロディを奏でながら、東京タワーあたりまで響きわたったと聞いている。あなたにも聞こえていたかもしれない。

それもしかたない。この世の中の1%も知らないであろう真実を披露したのだから。

「わが社の命運は君に託した」
「これで売上10倍行けそうです!」
「水晶を撫でてたら経営が上向いた」
「母親の病気がなくなりました」
「モテるようになった^^!」
「VCから一兆円の資金調達完了です!」
…etc

そんな賞賛の声を軽く制止しつつ、会議を悠然と後にして。ゆっくりと椅子に座りながら僕は仕事に取り掛かり始めた。

まぁ、Tableauである。BIと言えばTableauである。そんな小学1年生並みの思考回路で、担当に見積り取ってみた。これで仕事は99%終わった。そう思った。

しかし1週間後見積りが来ると愕然とした、口をあんぐりと開けて視点は定まってなかったといってもいい。今でも左目の焦点はあってない。

「…高い…な。」

仕方がない、想定する利用方法は相当アカウントを必要とする。BIの老舗のTableauであれば、このくらいの金額は妥当である。しかしどうする…お偉方にさんざんご宣託を与えた後だけに困った。僕は「教祖ポジション」から失墜してしまうのか?

やれやれ…。けだるそうに、左腕を安全ピンで刺したり抜いたりしながら、僕は言った。

「BIをスプレッドシートで作ってみようじゃないの」

全体設計


はいということでね。早速システムの全体設計いってみようかな。

フロント=スプレッドシート

まず、BI のフロント部分、これねスプレッドシートでやります。巷ではVue.jsとかダッシュボード使われてたりするけどね。これねスプレッドシートでやります。

僕もね、Vue.js使えないわけじゃないの。うん。使えるの。でもね。これねスプレッドシートでやります。うん。

驚いた?でもね、これ始めてからおじさん血圧下がったりね。調子いいからね。うん。

POST機能=GoogleAppScript


次にGASね。これ問い合わせたい内容をチェックボックスで読み取ってPOSTするまでの役割。GASは最近V8使えるようになったね。でも書きにくいね。JS一族だからね。仕方ないよね。

検索API=APIGateway+Lambda

次にPOSTを受け取るAPI部分。ここをAPIGatewayとLambdaで書いてる。普通の複合検索で使うようなパラメータを受け取って処理。

Lambdaは、Pythonで書いて。処理はPandasでpickleにしたデータを読んだり読まなかったり。DataFrameはいいゾー。

データベース=S3+AI

最後ね。これね、一番重要。僕のことを嫌いになっても、これだけは知って帰ってほしい。アーティフィシャルインテリジェンスって知ってる?略してAIね。

知らなくても、大丈夫。ITって難しいからね。…

続きを読む

[業務削減]Google広告APIの日本語情報が少ないので残す(リンク集)

Google広告は今やどんな業態・企業規模の会社でも使うツール。2018年のデータによると、Googleの収益源の内約7割が「広告」。まさに数多いGoogleサービスの中でも本丸と言ってもいいのがGoogle広告だと思う。

巨大企業Googleの収益源は広告が大部分

[引用]ADVERTISINGHow the Tech Giants Make Their Billions

今回、幸運な事に広告代理店と組むことでそのGoogleの本丸Google広告のAPIに挑戦できることになった。詳しくは言えないけど、日に日に増えるレポーティング・分析・入稿・入札を一気にできる方法はないか?という課題を解決するためのアプリケーションづくり。最終的にはプログラミングに馴染みのない担当者でも扱える「Googleスプレッドシート」に集約しようという話。

WEB広告代理店は何してる?・・・日本語情報がない

・・・とは言うものの、構想・実装1日目から困ったことになった。日本語情報がない。GoogleアナリティクスとかGoogleスプレッドシートとかに関連するAPIの情報は数多く見てきました。しかしながらGoogle広告の日本語情報は数が限られてますね。コレ。

小さな広告代理店ならいざしらず、電通・博報堂・オプト・サイバーとかやればいいのに。いや、やってるけど、情報公開しないだけかな?露骨に収益に影響しそうだし、そうなのかもしれない。この日本語情報ない問題は大きくて、まず情報収集に時間を取られた。

なのでこの記事では、開発をすすめる上ですごく参考になった情報をリンクまとめ。自分としても備忘録。

Google広告API触るならこのリンク読め

リンク①新しい Google Ads API にアップデートして最新のサービスをご利用ください
まずは、本家のブログを見てみましょう。Google Adwords APIからGoogle Ads APIに変わったんだ「ふ〜ん」とかためになる情報が満載です。

Google Ads Query Language によって、柔軟なクエリが実現できます。

ここに関しては、本当だと思ってて、結構このクエリ自体が柔軟に作れて、ほぼSQL言語なんで、馴染みも深いです。やはり腐っても公式です。

リンク②Google Ads API のサンプルを動かすまで
お次はQiita記事。開発者トークンの取得方法からGoogle …

続きを読む

客が儲かれば、こちらも儲かるという話

SMSをうまく使ってるユーザーがいる。SMS Manageeを通して、様々なSMS施策を試して成果を上げてるのはすごく嬉しい。

SMS1通で400万円の売上が上がったというのを聞いたときは、これまでの自分の常識を疑うきっかけになった。ビジネス上の面白さや興味を別にして、やはり車や住宅などの高単価商品を扱うビジネスは改善の余地が大きい。高単価商品の場合は、顧客それぞれに向き合い、潜在顧客に大量にアプローチし、かつ有効顧客を選別する必要性が高い。

なぜかというと、お金にならないお客に時間をかけることは、営業マンのコストがかかり続けることはもちろん、お金を生み出すお客を蔑ろにすることだからだ。理論上では分かっていたものの、実例として見せてくれているユーザーには感謝している。

また、もう一つの学びとしては「客を儲けさせると、こちらも儲かる」ということ。これまでITツール・アプリを様々作ってきたものの、どこか「ビジネス効率化ツール」の域を出ないと感じていた。もちろん、ユーザー数も増えたり利用頻度も高まったりと良いこともある。「スクショ泥棒(※)使ってます」と、先日不意に言われたときは嬉しかった。しかしながら「お金を払わせてください!」とユーザーに言われるまでにならないのは、なぜか?
※スクショ泥棒はユーザー数が増え、最近はギガ単位で毎日ストレージが増えている

ツールを使って(こそ)儲かるシーンがユーザーにとってない(または想像できない)からだと思う。逆にいうと、そのツールを使うことで儲かるのなら、客は(儲かる範囲内で)お金を払う。

儲かると言えば、今現在、一番(お金に結びつきが)強い業界はセールスフォース(=営業・マーケ支援)だと思う。今や、その名前が1社独占で、社名にもなってるセールスフォース社が天文学的に儲かってるのは、その証拠と言えるだろう。
salesforce

「セールスフォースのシステムはひどい」
「API使いにくい」
「俺ならもっといいシステム作れる」

とエンジニア悲喜交交聞くものの、不思議とセールスフォース社は儲かっている。そんなにダメシステムなら潰れてそうだが、文句言いながらもユーザーもエンジニアも同社が作り出すプラットフォームから離れない。

なんのことはない、セールスフォースを使うことで、それ以上に儲かるからだ。今後も、セールスフォース社は色んなユーザーやエンジニアから文句を言われつつ儲けさせ、そして自身も儲かり続けるだろう。

話を戻してIndentで開発するSMS Manageeを利用して客を儲けさせることができれば、こちらもどうやら儲かりそうだということに気付いた。

「儲けさせる」

ということを第一に考えると、ツールの商品性も変わってくる。マーケティングでも、機能的な訴求というよりも、ユーザーとの情緒的な感情の共有を行なった上で、サービス全体を通して儲かってもらうという発想に変わってくるのが面白い。客を儲けさせれば、自分も儲かる。つまり、いいことがあるかもしれないし、ないかもしれない。…

続きを読む

スプレッドシートDB検索ソートアプリ「Trace PA」利用者募集

スプレッドシート連携システムTracePA

久しぶりの投稿です。最近は、問い合わせいただいた企業様の業務用アプリをもっぱら作ってます。利用している言語はPythonおよびJavaScriptが主です。やはり自分のメイン言語の方が開発が早いので、クライアントに納得いただいた上で、2言語で進めてますね。

さて本日ですが、スプレッドシートをデータベース(DB)として利用しているユーザーに朗報。スプレッドシートの検索・ソートをめちゃくちゃ楽にするアプリ「Trace PA」の利用者を募集します。
スプレッドシート連携システムTracePA

スプレッドシート連携専用の検索・抽出・書き出しシステム「Trace PA」

Trace PAとは


Trace PAはスプレッドシートではGoogleAppsScriptまたはQuery関数を使ってしなければ行けなかった検索・ソート・メール送信を一括アプリ化するものです。↑かなり動きはサクサクです。

こんな機能を搭載予定です

  • 簡易検索機能
  • 簡易ソート機能
  • 多重検索機能
  • 多重ソート機能
  • CSV書き出し機能
  • スプレッドシートへの書き出し機能
  • スケジュールメール送信機能

開発の経緯

この「スプレッドシートをデータベース化するメリットと方法」という記事は、小〜大企業の担当者の方から日々アクセスしていただいていて、さらに問い合わせもかなりの頻度であります。そこでお話を聞くうちに、スプレッドシートは小規模データベースとしても利用する機会は多いものの、検索・ソート等の付加機能はプログラミングができないと使いこなすのは難しいということでした。

その点、私たちはプログラミングを通して、世の中の課題を解決するのが仕事なので、広く利用いただけるようなアプリケーションを開発しようと考えました。今後、プログラマーでなくてもデータを簡単に使いこなせるアプリに育てて行こうと考えています。

利用登録募集

下記の登録フォームから利用してみたいという方は登録してください。

スプレッドシート連携システムTracePA

スプレッドシート連携専用の検索・抽出・書き出しシステム「Trace PA」

続きを読む

自動架電システム(IVR)を格安で作った【サンプル発信可能】

「電話を色んな人にかけなきゃいけない。人も時間も足りないから、ロボットが自動でやってくれればいいのになぁ。」

そんな課題を解決します。

本記事の内容

  • 自動架電システムも仕組みがわかる。
  • 自動架電システムを利用するメリットがわかる。
  • システムを使うシチュエーションがわかる。

私たちは、クライアントの集客代行/SMS一斉送信アプリ開発等のお手伝いをしています。電話でのコミュニケーションが多く面倒というクライアントがいます。そうした面倒な電話をやってくれるロボを「自動架電システム(=IVR)」といいます。システム発注すると通常かなり高いです。

ただ、私たちでシステムを作ればかなり安くできるので、作ってみました(サンプル作成8時間程度)。早速ですが、あなた自身の電話へテストしてみませんか。 電話番号を入力して「発信」を押すと、その電話番号へロボが自動で電話をかけて案内が流れます。

[発信内容]
こんにちは。合同会社Indentです。自動架電システムテストです。ありがとうございました。

電話番号:

電話番号は”-(ハイフン)”あり・なしどちらでもOKです。

自動架電システムとは?その仕組み

自動架電システムの一斉架電のイメージ
通常、お客様への連絡は、事業者が一件一件電話をしなければいけません。営業時間中は人件費が発生します。また、大量のお客様へ発信するためには、多くのオペレーターが必要となります。

一方、自動架電システムは、架電業務一切をロボットに置き換えます。人件費はかからずゼロ円、大量のお客様への一斉発信も簡単にできます。

自動架電システムのメリットを紹介

改めて自動架電システムを利用するメリットはなんでしょうか。以下、人力でやった場合との比較表を作ってみました。
[自動架電システムと人力架電の比較]

項目 自動架電システム 人力架電
初期費用
※回避策アリ
運用費用 ほぼゼロ 時給1,000円以上x時間x人数
24時間対応 簡単
続きを読む
1 2 3 6