家賃滞納者にSMS送って強制回収

「何度も約束しても、支払いが送れる。そもそも連絡がつかない。ムカつく。」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 相手が一番嫌がる方法を使って早期回収する方法がわかる
  • 手間ゼロで無限に催促し続ける方法がわかる

結論から言います。

滞納してる人が避けづらい絶対見るSMS使います。さらに一時間毎に送るミニアプリ使うのでこちらの手間はゼロ。ひたすら滞納者にプレッシャーかけ続けます。

この記事を書こうと思ったのは「家賃滞納者 連絡取れない」というキーワードでこのブログの下記記事にたどり着く人が多かったからです。どうやりゃいいのって人のために少し深堀して解説します。

連絡取れない家賃滞納者へ連絡。回収率をアップする方法。


SMSは確実に繋がる連絡方法です

そもそもなんでSMSを使うかというと理由が二つあります。一つは電話催促は取る取らないの選択権が滞納者にあります。相手は逃げてるんで繋がりません。電話は良心的な方にしか使えません。二つ目はSMSは逃げられないってことです。スマートフォンを利用してるとブッシュ通知が表示されます。滞納者確実に届きます。

SMSは遅延損害金や後の客観的証拠となります

これまで、家賃滞納者との裁判・内容証明といったことまで及んだことはありますか。やむをえずそうした状況に至った場合でも、SMSは大家サイドが滞納者へ支払催促をしたという客観的な証拠になります。通常、SMSはポップアップ通知されるため、複数回を「見ていなかった」というのは、相当厳しい言い訳です。大家サイドであるならば、SMSを利用して支払催促の証拠として積み重ねていくのもよいかもしれません。

無料トライアルはじめました

SMSManagee無料トライアル
>>>SMS一括送信ができる「SMS Managee」詳細はこちら

この記事に関連する記事