自動架電システム(IVR)を格安で作った【サンプル発信可能】

「電話を色んな人にかけなきゃいけない。人も時間も足りないから、ロボットが自動でやってくれればいいのになぁ。」

そんな課題を解決します。

本記事の内容

  • 自動架電システムも仕組みがわかる。
  • 自動架電システムを利用するメリットがわかる。
  • システムを使うシチュエーションがわかる。

私たちは、クライアントの集客代行/SMS一斉送信アプリ開発等のお手伝いをしています。電話でのコミュニケーションが多く面倒というクライアントがいます。そうした面倒な電話をやってくれるロボを「自動架電システム(=IVR)」といいます。システム発注すると通常かなり高いです。

ただ、私たちでシステムを作ればかなり安くできるので、作ってみました(サンプル作成8時間程度)。早速ですが、あなた自身の電話へテストしてみませんか。 電話番号を入力して「発信」を押すと、その電話番号へロボが自動で電話をかけて案内が流れます。

[発信内容]
こんにちは。合同会社Indentです。自動架電システムテストです。ありがとうございました。

電話番号:

電話番号は”-(ハイフン)”あり・なしどちらでもOKです。

自動架電システムとは?その仕組み

自動架電システムの一斉架電のイメージ
通常、お客様への連絡は、事業者が一件一件電話をしなければいけません。営業時間中は人件費が発生します。また、大量のお客様へ発信するためには、多くのオペレーターが必要となります。

一方、自動架電システムは、架電業務一切をロボットに置き換えます。人件費はかからずゼロ円、大量のお客様への一斉発信も簡単にできます。

自動架電システムのメリットを紹介

改めて自動架電システムを利用するメリットはなんでしょうか。以下、人力でやった場合との比較表を作ってみました。
[自動架電システムと人力架電の比較]

項目 自動架電システム 人力架電
初期費用
※回避策アリ
運用費用 ほぼゼロ 時給1,000円以上x時間x人数
24時間対応 簡単 難しい
オペレータ教育 なし 難しい
大量発信 簡単 難しい

※これまで自動架電システムの初期導入には大きな金額がかかってきました(1000万円以上)。ただし、私達の会社ではサンプルで作ったように格安での導入が可能です。

利用事例

1. 高齢者見守り
高齢者の安否確認も、様々な事業者様にとって重要な業務になっています。ただし、対象となる高齢者の数も多く、また多くがスマートフォンを所有していません。そのため、自動架電システムによる一斉架電が利用されています。
2. 販促・キャンペーン
比較的ご高齢な方々をターゲットとしているビジネスの場合、架電による短時間の販促が効果的であることが実証されつつあります。そのため、健康食品系のビジネス事業者様などに自動架電システムが使われ始めています。
3. 資料送付後フォローコール
資料送付後に営業フォローコールを行うと、購買確率が高まります。ただし、特に個人のお客様相手だと中々繋がらないなどの原因があり、人件費の分コストがかさんでしまうという問題がありました。自動架電システムはそうした問題を解決する手段として注目されています。
4. 商品サービスの満足度調査
消費者の満足度アンケートを行い、商品・サービスのクオリティ向上を図るというのは、競合環境が厳しい企業において重要になっています。その満足度アンケートを自動架電システムで置き換えている企業も増えています。
5. キャンセル防止の出荷案内
ECが近年増加していることから、不在・再配達も大きな問題となっています。また不在が続くと最悪の場合、商品キャンセルとなってしまうケースもあります。そうした事態を未然に防ぐために、出荷の案内を自動架電システムで行う会社もあります。
6. 入金催促
直近で、自動架電システムが一番注目されている業務は、家賃やローン債権等の未払金の催促業務です。これまで人の手がかかり、またコストも膨大にかかっていた業務を、システムで置き換えることによってコスト削減が見込めます。

それでは発信テストしてみましょう

ご自身の電話へテストしてみませんか? 電話番号を入力して「発信」を押すと、その電話番号へロボが自動で電話をかけて案内が流れます。

[発信内容]
こんにちは。合同会社Indentです。自動架電システムテストです。ありがとうございました。

電話番号:

電話番号は”-(ハイフン)”あり・なしどちらでもOKです。


この記事に関連する記事