小学校のプログラミング教育必修化 親が準備するべきこと

「子供は2020年からプログラミング教育が必修になるらしい。プログラミングの経験はないし、教えるのも無理。今後の進学にも影響はどうなんだろう?早めに検討したいけど、塾やオンラインスクールはあるのかな?」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 文部科学省がプログラミング教育を必修化した意図を理解できる
  • 中学校/高校への進学への影響を知ることができる
  • 小学生の子供にどんな準備を勧めるべきかわかる
  • ブログラミング塾やオンラインスクールのオススメがわかる(経済性を重視)

スクショ泥棒画像
私が開発したチャットにURLを投げるとスクショにして返信してくれるボットサービス「スクショ泥棒」
私はITとマーケティングを利用した企業支援事業を行なっています。もちろんプログラミングは日々学習するとともに、事業に活かせる「分析結果を地図上に表示したり」「Webサイトのキャプチャを自動取得するボットを作成したり」といったことをしています。現役でプログラミングをしているので、プログラミングの学習メリットや人間の能力開発に如何に役立つかはよく理解できています。

また、奥さんが小学校の先生だということもあり、小学校のプログラミング教育必修化に関しても様々意見を交換してきました。誰よりもこの話題に関しては詳しく語れるのではないかと思っています。

子供のプログラミング教育に疑問を感じている方は是非ご覧ください。

文部科学省がプログラミング教育を必修化した意図

プログラミング教育必修化に向けて
文部科学省が発表した「プログラミング教育必修化に向けて」親にとっての多くのヒントが隠されています
そもそもなぜプログラミング教育は必修化されるのでしょうか?小学校では国語・算数・理科・社会、また最近では英語まで数多くの教科を学習しています。ここにさらにプログラミングとは学習内容が多いような気がします。

カギは文部科学省が発表する「小学校プログラミング教育必修化に向けて」のPDF冊子にあります。1P目の「プログラミング教育が必修化された背景」をかいつまんで言うと、このようなことが書かれています。

日本の国際競争力を左右されているのは「IT力」と言われている。現に、90%の職業がIT スキルを必要としていると言われ、多くの国や地域がプログラミング教育に力を入れている。日本では、2020 年までに37 万人のIT人材が不足すると言われ、子供の頃から「IT力」を伸ばす素地を作る必要がある。以上がプログラミング教育必修化の背景である。

国策として、国際競争力を維持するために子供のうちからIT力を養成するということみたいです。

中学校/高校への進学への影響は

背景は理解できました。確かにIT技術者が足りないというのは最近どこでも聞く話題です。ただ、子供の進学にはどのように影響するのか?はっきりしませんね。進学への影響は「小学校プログラミング教育の手引」にあります。以下引用します。

児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことは考えられますが、それ自体をねらいとしているのではないということを、まずは押さえておいてください。小学校でのプログラミング教育は新教科として行われるのではなく、算数や理科・音楽といった現行の教科や総合学習の時間のなかに組み込まれる予定です。

はい、ここは重要な点です。プログラミング教育は他の教科の中に組み込まれ、独立した新教科として評価されることはありません。

また、プログラミング技能が評価対象となることはありません。この二点から、プログラミング教育について不安に思われている親も少しは安心できると思います。

小学生の子供にどんな準備を勧めるべきか

小学生の子供の画像
子供たちには無限の可能性があります。ただし、正しい学習・教育法というのもあります。
とはいえ、プログラミング教育は子供への論理的思考や問題発見力・問題解決力・創造力(=文部科学省のいう「プログラミング的思考」)を養うことができます。今後の世の中の流れからいうと、子供に身に着けて欲しい力だと思います。

プログラミング的な思考とは?

そもそも親はプログラミング的思考をどのような思考法として理解すべきでしょうか。
例えば「人口増減をヒートマップ化して地図上に表示したい」と考えたとします。私は、このように思考しました。

  1. 人口増減のデータが必要→政府統計のe-Statというものがある(検索能力)
  2. 地図表示したい→プログラミングのPythonがよさそう(プログラミング技能)
  3. ヒートマップ化したい→foliumというPythonの拡張機能を見つけた(検索能力)
  4. 記述方法分からない!→日本語で参考になる記事ないので、英語で調べる(英語力)

このように、プログラミング的思考とは目的を達成するために、いろんな能力をブロックのように組み合わせ、どうしたら解決できるか最適解を考えることです。

小学生がプログラミング的思考を学ぶにはコツがある

ただし、プログラミング的思考を身に着けさせるために、無理やりプログラミングをさせるのはやめましょう。私も、他の人にプログラミングを勧めて教えたことがあります。人によって向き不向きがあり、いきなり教えると嫌いになる人が多いです。特に、動きのないものに飽きやすい小学生がプログラミング的思考を身に着けるために必要なのは、楽しく、五感をフル活用して学ぶことです。

そして、2018年現在多くのプログラミングを学ぶための学習メソッドや教材がでています。ここからは、小学生の子供を持つ親でも安心してプログラミングを学ばせられる方法をご紹介します。

ブログラミング塾やオンラインスクールのオススメがわかる(経済性を重視)

私のこれまでの経験を基に、子供でも楽しく学ぶことのできるカリュキュラムを用意している講座を紹介します。

D-SCHOOL:マイクラやScrach等の楽しい遊びを存分に取り入れた内容

D-SCHOOLのマイクラ授業
D-SCHOOLでは「マイクラ」x「プログラミング」x「英語」をキーワードに授業を展開
子供のプログラミング教育に特化しているD-SCHOOLには以下の4つのコースがあるようです。

  • マイクラコース
  • 英語&プログラミングコース
  • ロボットプログラミングコース
  • ゲーム制作コース

子供でも飽きずに続けられるように様々な仕掛けがされているようです。保護者の声を一部引用します。

マインクラフトでプログラミングを学習するのは、うちの子もきっと好きになるだろうと思いました。<省略>書店でマインクラフトを使ってプログラミングをする本を購入してみたのですが、本だとプログラミング自体がどういうものか分かっていないと内容を全て把握するのは難しく思えました。<省略>動画を見ながら楽しく学習できるスタイルは、堅苦しくなくてとても良いと思います。うなりながらも楽しそうにやっています(笑)

ロボットプログラミングコース
マイクラだけでなく、ロボットを組み立てながら学ぶコースもあり。子供に五感をフル動員させながら教育することができるといえます
よく通信講座・動画形式だと、子供が途中で飽きてしまうという声も聞きますが、D-SCHOOLの場合、題材が面白いのでその可能性は低そうです。本やWEBの情報から、自学でプログラミングを学んでいくことは大人でも難しい。ましてや子供にとっては困難です。D-SCHOOLのカリュキュラムは他の習い事などと比べると非常に安いです。親が「プログラミング教育」に頭を悩ませるより、必要な教材を子供に与え適切に学習を進めていってはいかがでしょうか。
>>オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

※追記情報
D-SCHOOLでは14日間の無料トライアルがあるということです。無料トライアルの内容を見る限りだと、マイクラコースと英語&プログラミングコースが対象のようです。無料なのでとりあえず試してみるのが良いのではないでしょうか。
>>オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

この記事に関連する記事