[業務削減]Google広告APIの日本語情報が少ないので残す(リンク集)

Google広告は今やどんな業態・企業規模の会社でも使うツール。2018年のデータによると、Googleの収益源の内約7割が「広告」。まさに数多いGoogleサービスの中でも本丸と言ってもいいのがGoogle広告だと思う。

巨大企業Googleの収益源は広告が大部分

[引用]ADVERTISINGHow the Tech Giants Make Their Billions

今回、幸運な事に広告代理店と組むことでそのGoogleの本丸Google広告のAPIに挑戦できることになった。詳しくは言えないけど、日に日に増えるレポーティング・分析・入稿・入札を一気にできる方法はないか?という課題を解決するためのアプリケーションづくり。最終的にはプログラミングに馴染みのない担当者でも扱える「Googleスプレッドシート」に集約しようという話。

WEB広告代理店は何してる?・・・日本語情報がない

・・・とは言うものの、構想・実装1日目から困ったことになった。日本語情報がない。GoogleアナリティクスとかGoogleスプレッドシートとかに関連するAPIの情報は数多く見てきました。しかしながらGoogle広告の日本語情報は数が限られてますね。コレ。

小さな広告代理店ならいざしらず、電通・博報堂・オプト・サイバーとかやればいいのに。いや、やってるけど、情報公開しないだけかな?露骨に収益に影響しそうだし、そうなのかもしれない。この日本語情報ない問題は大きくて、まず情報収集に時間を取られた。

なのでこの記事では、開発をすすめる上ですごく参考になった情報をリンクまとめ。自分としても備忘録。

Google広告API触るならこのリンク読め

リンク①新しい Google Ads API にアップデートして最新のサービスをご利用ください
まずは、本家のブログを見てみましょう。Google Adwords APIからGoogle Ads APIに変わったんだ「ふ〜ん」とかためになる情報が満載です。

Google Ads Query Language によって、柔軟なクエリが実現できます。

ここに関しては、本当だと思ってて、結構このクエリ自体が柔軟に作れて、ほぼSQL言語なんで、馴染みも深いです。やはり腐っても公式です。

リンク②Google Ads API のサンプルを動かすまで
お次はQiita記事。開発者トークンの取得方法からGoogle …

続きを読む

FAQ(よくある質問)の時短運用術 簡単なデザイン&運用を紹介

FAQをスプレッドシートで管理する仕組み

「FAQ(よくある質問)ページのデザインどうしようかな?あと、追加・修正が多くて変更が面倒だな。時間のかからない方法ないかな。」

そんなお悩み解決します。

本記事の内容
  • FAQページ運用が重要な理由が分かる
  • FAQページのデザインサンプルが分かる
  • FAQページ運用手間を80%削減する具体的方法が分かる

私は、IT・マーケティング支援をしている会社を運営しています。FAQ(よくある質問)ページは重要視しているのですが、管理工数がかかって困っていました。ご紹介する方法を使って、圧倒的にラクになった経験があるので、役立つ話ができると思います。結論から言うと、Googleスプレッドシートを利用します。サンプル作ってみました。

スプレッドシートのサンプル

スプレッドシートへのリンクはコチラ

このスプレッドシートをAPI化して、2つのデザインを当ててみました。

続きを読む

同業他社サイトデザインを参考にする。スクショをガサっと盗む

「同業のデザインを一気に見て、いいコンセプトは盗みたいなぁ。いい方法ないかな。」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 他者デザインを参考にセンスを磨くコツがわかる
  • 同業のURLを抜き出してスクショをガサッととる方法がわかる

私は日々、クライアントへサイト制作や集客支援を行なっています。今回は、競合他社サイトのデザイン調査法を紹介します。自分で開発したスクリーンショットを一括取得することができるチャットワークのボット「スクショ泥棒」を利用します。実際にスクリーンショットを自動取得している動画です。

スクショ泥棒にてスクショを一括で取得する画像
スクショ泥棒にてスクリーンショットを一括で取得しています。Googleにて「東京 美容室」ででてくるホームページをゲットして、チャットワークのスクショ泥棒にて自動取得を進めています。

また取得したスクリーンショット画像は下記に置いておきます。「美容室 東京」でGoogle検索上位100くらいをガサっと盗ってみました。
保存先はこちら

制作デザインのセンスを磨くコツ→見れば見るほどGood

WEBサイトを制作する際に、最低10個は同業他社のサイトを見ます。同業のサイトを見ていると新しい発見があります。デザインの雰囲気や料金やキャンペーンの打ち方といったこと、他社にないサービスを出して差別化しているサイトや、どの商品を一番推しているのかなどわかります。

業界の常識を知ることができ、差別化要因を考えるきっかけにもなります。

こうした作業を繰り返してセンスは磨かれます。そして、10個他社のサイトよりも100個他社サイトを見る方がさらによい。以下紹介するのは、100個他社サイトをみるときに、スクショを取るのを最短で行う方法です。

必要なツール・準備するもの

  • チャットワークアカウント
  • スクショ泥棒
  • Python
  • Pythonのライブラリ「Selenium」
  • 自動制御用webdriver
  • プログラミングが難しいと思われる方はお問い合わせを。

    他社サイトのスクリーンショットを一括で取得

    それでは、100個のスクリーンショットを一括で取得することを目標とします。まず同業他社サイトのURLはなんなのか?それをGoogleの検索結果から取得します。コードは下記です。

    続きを読む

    スプレッドシートとAWSLambdaで無料BI作ったぞ

    スプレッドシートBIはこんな感じ

    商品データとか日付とかカテゴリーを入力して、検索するとスプレッドシートベースで数値とグラフが更新される。対象データを少なくするためデータの期間は直近2年間に限定。

    ミニアプリ製作サービス「Mini Apps」

    内製はできない、でも外注は高い、そんな困りごとを解決するミニアプリ製作サービスです。自社アプリ延べ400社導入、業務アプリ系受託開発30件以上のIndentが最小工数でアプリ開発を実現。15万円からのアプリ開発。
    Mini Apps

    本案件に至る経緯

    営業拠点毎のデータを「なんかいい感じ」に操作すると「ぴゃっ」って表示出来たらいいよね。という話になった。

    「ぴゃっ」って・・・。

    やれやれ…。けだるそうに、ペンを回しながら、僕は重い口を開いた。

    「それはですね。BIでやればいいんですよ。」

    「ビジネスデータをBIを使って表示する」という悪魔的発想を披露したその時・・・。打ち合わせ現場は、溢れんばかりの拍手喝采となった。会議室だけでなく、フロア全体に広がった拍手の輪は、甘美なメロディを奏でながら、東京タワーあたりまで響きわたったと聞いている。あなたにも聞こえていたかもしれない。

    それもしかたない。この世の中の1%も知らないであろう真実を披露したのだから。

    「わが社の命運は君に託した」
    「これで売上10倍行けそうです!」
    「水晶を撫でてたら経営が上向いた」
    「母親の病気がなくなりました」
    「モテるようになった^^!」
    「VCから一兆円の資金調達完了です!」
    …etc

    そんな賞賛の声を軽く制止しつつ、会議を悠然と後にして。ゆっくりと椅子に座りながら僕は仕事に取り掛かり始めた。

    まぁ、Tableauである。BIと言えばTableauである。そんな小学1年生並みの思考回路で、担当に見積り取ってみた。これで仕事は99%終わった。そう思った。

    しかし1週間後見積りが来ると愕然とした、口をあんぐりと開けて視点は定まってなかったといってもいい。今でも左目の焦点はあってない。

    「…高い…な。」

    仕方がない、想定する利用方法は相当アカウントを必要とする。BIの老舗のTableauであれば、このくらいの金額は妥当である。しかしどうする…お偉方にさんざんご宣託を与えた後だけに困った。僕は「教祖ポジション」から失墜してしまうのか?

    やれやれ…。けだるそうに、左腕を安全ピンで刺したり抜いたりしながら、僕は言った。

    「BIをスプレッドシートで作ってみようじゃないの」

    全体設計


    はいということでね。早速システムの全体設計いってみようかな。

    フロント=スプレッドシート

    まず、BI のフロント部分、これねスプレッドシートでやります。巷ではVue.jsとかダッシュボード使われてたりするけどね。これねスプレッドシートでやります。

    僕もね、Vue.js使えないわけじゃないの。うん。使えるの。でもね。これねスプレッドシートでやります。うん。

    驚いた?でもね、これ始めてからおじさん血圧下がったりね。調子いいからね。うん。

    POST機能=GoogleAppScript


    次にGASね。これ問い合わせたい内容をチェックボックスで読み取ってPOSTするまでの役割。GASは最近V8使えるようになったね。でも書きにくいね。JS一族だからね。仕方ないよね。

    検索API=APIGateway+Lambda

    次にPOSTを受け取るAPI部分。ここをAPIGatewayとLambdaで書いてる。普通の複合検索で使うようなパラメータを受け取って処理。

    Lambdaは、Pythonで書いて。処理はPandasでpickleにしたデータを読んだり読まなかったり。DataFrameはいいゾー。…

    続きを読む

    AWSのPollyにてMizukiの声を聞く


    Amazon Polly Developer Guideみながら日本語の音声発話をやってみた。ところどころ音のズレや読み間違いはあるものの、普段郵便や電力会社なんかでユーザーとして利用している音声発信とは比較にならないくらい聴きやすい。


    使った文章はYahooニュースからの抜粋。

    生活に満足、最高の74%=「この先悪く」も2割強―内閣府調査
    内閣府が26日公表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の生活に「満足」「まあ満足」と答えた人は合わせて約74%に上り、調査項目に加わった1963年以来最高となった。

    一方、生活がこの先「悪くなっていく」とみている人も2割強いた。

    生活に満足しているとの回答は、前年よりも3.8ポイント上昇して73.9%となり、これまで最高だった95年の72.7%を上回った。所得・収入について満足と回答した人は51.3%(前年比3.2ポイント増)で、不満と答えた人の46.9%(同2.7ポイント減)と逆転した。所得・収入で満足が不満を上回ったのは96年以来。内閣府の担当者は「景気が緩やかに回復しているため」と分析している。

    うん、これで話してくれてる人が”Mizuki”さんと言うみたいですね。人間の行動の中で、どういうシチュエーションの中でこうしたファンクションが必要とされるのか。考えてます。

    続きを読む