SMSを一斉送信する方法とメリットデメリット【格安ツール有】

「SMSをスマホから一つずつ送るの面倒だなぁ。一斉送信する方法ってないのかな?」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • SMSを連絡に使う7つのメリットがわかりる
  • SMSを連絡に使う5つのデメリットがわかる
  • サンプルでSMSの一斉送信方法がわかる

クライアントのマーケティング支援しています。クライアントの話す中で、SMS一括送信で業務効率を向上できる場面に遭遇しました。そこで顧客管理〜SMS一括送信をできるツールの提供を始めました。

SMSManagee無料トライアル
SMS一括送信ができる「SMS Managee」詳細はこちら

SMSを連絡に使う7つのメリット

そもそもなぜ、SMSを使うとよいのでしょうか。7つのメリットから説明します。

1. 到達率が高い

SMSは到達率が圧倒的に高い
旧キャリアからショートメッセージとして生き残ってきたSMS、圧倒的な到達率の差が違いです。
メールを利用する場合は、常に不到達率を気にしなければいけません。アドレス変更も頻繁、最近では格安SIMへの変更も多く、電話番号とは違いキャリアメールアドレスは引き継げません。その場合はメールアドレスをやむおえず変更していると聞きます。また、最近はGmailやYahooメール等もスパムメール対策から、迷惑メールに振り分けてしまうことも増えています。その点、SMSでは電話番号を使ったメッセージングサービスなので気軽な変更はできません。到達率は圧倒的に高いと言えます。

2. スマホにボップアップする

激強いSMSのポップアップ
誰もがSMSで送られてきたメッセージに目を通したことがあるはずです。上記画像では「まつり」より「エンゼルス速報」より上位に表示されています。ポップアップ表示があることで、ほぼほぼメッセージは相手に届きます。

急にスマホにポップアップ(プッシュ通知ともいう)がきて見てみたらSMSで緊急の連絡だった・・・。そんな経験はありませんか?SMSであれば、100%ポップアップが相手に表示されます。メールであれば、前述の通り迷惑メールに振り分けられてしまったり、送られる回数が多いので、ポップアップしても他のメールと合わせて通知されたりします。SMSであれば、相手のスマホの一部をポップアップで占拠できるというメリットがあります。

3. 特別な機器やアプリの導入は不要

アプリのアイコン
連絡や業務の為に、新しい機器やアプリを導入する必要はありません。SMSがあれば。

業務の為に、特別なチャットアプリをインストールしたりするのは嫌だという人が多いのは想像がつきます。アプリの中で、新しいチャットスレッドを作って一括掲示板みたいにすることもあるようですが、普段使わない機器やアプリをインストールして使うのはストレスです。SMSなら、どの携帯でも初期からインストールされていて、しかもちょっとした用事で日常のうちに使うケースも多いのでなれているユーザーは多いと言えます。

4. プライベートと混同しない

プライベートと混同しない
仕事・業務とプライベートが混同するのは気持ち悪いです。

LINEに仕事・業務の会話が入ってくると嫌な方も多いです。SMSで送るような用事はビジネス寄りなことが多くて、一般的にLINEの利用目的とは若干離れています。送るユーザーのことを考えるとSMSが優れていると言えます。



5. 災害時にも強い

災害に強いSMS
緊急連絡としても利用の多いSMS。その理由は災害時のメッセージング到達の強さにあります。
災害が起こってしまうと、被災エリアへの通信が集中します。そうするとネットワーク回線にも規制がかかりやすくなり、電話で連絡が取りづらくなります。一方でSMSは、比較的容量の少ない通信技術であるため、規制にかかりにくくなります。

6. SMSはパソコンから送れる

スマートフォンやガラケーのイメージが強いSMSですが、実はパソコンから一括送信することができます。スマートフォンから送信するのは面倒です。私達が開発したSMS一括送信システムの「SMS Managee」を利用すれば、簡単にパソコンから送信することが可能になります。…

続きを読む