同業他社サイトデザインを参考にする。スクショをガサっと盗む

「同業のデザインを一気に見て、いいコンセプトは盗みたいなぁ。いい方法ないかな。」

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 他者デザインを参考にセンスを磨くコツがわかる
  • 同業のURLを抜き出してスクショをガサッととる方法がわかる

私は日々、クライアントへサイト制作や集客支援を行なっています。今回は、競合他社サイトのデザイン調査法を紹介します。自分で開発したスクリーンショットを一括取得することができるチャットワークのボット「スクショ泥棒」を利用します。実際にスクリーンショットを自動取得している動画です。

スクショ泥棒にてスクショを一括で取得する画像
スクショ泥棒にてスクリーンショットを一括で取得しています。Googleにて「東京 美容室」ででてくるホームページをゲットして、チャットワークのスクショ泥棒にて自動取得を進めています。

また取得したスクリーンショット画像は下記に置いておきます。「美容室 東京」でGoogle検索上位100くらいをガサっと盗ってみました。
保存先はこちら

制作デザインのセンスを磨くコツ→見れば見るほどGood

WEBサイトを制作する際に、最低10個は同業他社のサイトを見ます。同業のサイトを見ていると新しい発見があります。デザインの雰囲気や料金やキャンペーンの打ち方といったこと、他社にないサービスを出して差別化しているサイトや、どの商品を一番推しているのかなどわかります。

業界の常識を知ることができ、差別化要因を考えるきっかけにもなります。

こうした作業を繰り返してセンスは磨かれます。そして、10個他社のサイトよりも100個他社サイトを見る方がさらによい。以下紹介するのは、100個他社サイトをみるときに、スクショを取るのを最短で行う方法です。

必要なツール・準備するもの

  • チャットワークアカウント
  • スクショ泥棒
  • Python
  • Pythonのライブラリ「Selenium」
  • 自動制御用webdriver
  • プログラミングが難しいと思われる方はお問い合わせを。

    他社サイトのスクリーンショットを一括で取得

    それでは、100個のスクリーンショットを一括で取得することを目標とします。まず同業他社サイトのURLはなんなのか?それをGoogleの検索結果から取得します。コードは下記です。

    続きを読む

    WEB担当者がeコマースタグを導入すべき理由と利用事例

    「Googleアナリティクスに「eコマース」って項目あるけど、なんに使うんだろう…?ECだと絶対設置しなきゃいけない機能なのかな。」

    そんなWEB担当者の疑問にお答えします。

    本記事の内容

    • eコマースタグの設置メリットがわかる
    • eコマースタグの設置方法がわかる
    • 利用シーン別の分析方法事例がわかる

    私は日々、クライアントへ集客支援を行なっています。直近ではWEBサイトを制作・運用して集客数を前年度比170%に伸ばしました。これまでの成果はここにも書いてます。
    合同会社Indentの集客成果
    この記事でもデータ分析に悩む方とって役立つ話ができるのではないかと思います。

    eコマースとは?

    Googleアナリティクスに表示される項目です。
    のような項目があり。EC担当者がショップのASPから抜き出して分析していた内容がGoogleアナリティクスでできるようになります。

    eコマースタグを設置するメリット

    eコマースタグを、WEB担当者が利用するメリットは2つあります。以下解説します。

    ポイント1. 多彩な分析できる

    まず、分析の自由度が増えます。言い換えるとディメンジョンとメトリクスが増えることがメリットです。

    ディメンジョン?メトリクス?

    そう思ったかたもいらっしゃるかもしれません。まず、話を進める前に、Googleアナリティクスのディメンジョンとメトリクスについておさらいします。

    「ディメンジョン」:ディメンションは、「○○別に見る」という分析軸を示すもの。実際は、次のように指標と組み合わせて「○○(ディメンション)別に××(指標)を見る」のように使う。
    「指標(メトリクス)」:カウントしたり、計算したりして算出する項目のこと。

    WEB担当者は日々下記のような分析をしていると思います。青色の部分がディメンジョン、赤色の部分がメトリクスです。

    • 「ページ(のURL)」ごとに、「ページビュー数」を見てみたい
    • 「ランディングページ」ごとに、「直帰率」を見てみたい
    • 「キーワード」ごとに、「訪問数」を見てみたい

    eコマースでは、ディメンジョンとメトリクスそれぞれ下記のように加わります。

    ディメンジョン:「トランザクション」「商品」「商品のSKU」「商品カテゴリ」
    メトリクス:「商品平均点数」「商品平均総額」「税金」「送料」

    こうした項目が加わることで、「日付」

    続きを読む

    SMSを一斉送信する方法とメリットデメリット【送信ツール有】

    「SMSをスマホから一つずつ送るの面倒だなぁ。一斉送信する方法ってないのかな?」

    そんな疑問にお答えします。

    本記事の内容

    • SMSを連絡に使う7つのメリットがわかりる
    • SMSを連絡に使う5つのデメリットがわかる
    • サンプルでSMSの一斉送信方法がわかる

    クライアントのマーケティング支援しています。クライアントを支援するなかで、SMS一括送信は集客に非常に費用対効果が高いことが分かりました。そこでSMS一括送信をできるアプリの提供を始めました。

    SMSManagee<利用方法>
    1. ユーザー名、携帯電話番号の入ったデータを用意(CSV、エクセル等対応)
    2. ユーザーに送る文章を入力
    3. 「SMS送信」ボタンをクリック

    SMS Managee
    実績多数SMS一括送信ができる「SMS Managee」詳細はこちら

    SMSを連絡に使う7つのメリット

    そもそもなぜ、SMSを使うとよいのでしょうか。7つのメリットから説明します。

    1. 到達率が高い

    SMSは到達率が圧倒的に高い
    旧キャリアからショートメッセージとして生き残ってきたSMS、圧倒的な到達率の差が違いです。
    メールを利用する場合は、常に不到達率を気にしなければいけません。アドレス変更も頻繁、最近では格安SIMへの変更も多く、電話番号とは違いキャリアメールアドレスは引き継げません。その場合はメールアドレスをやむおえず変更していると聞きます。また、最近はGmailやYahooメール等もスパムメール対策から、迷惑メールに振り分けてしまうことも増えています。その点、SMSでは電話番号を使ったメッセージングサービスなので気軽な変更はできません。到達率は圧倒的に高いと言えます。

    2. スマホにボップアップする

    激強いSMSのポップアップ
    誰もがSMSで送られてきたメッセージに目を通したことがあるはずです。上記画像では「まつり」より「エンゼルス速報」より上位に表示されています。ポップアップ表示があることで、ほぼほぼメッセージは相手に届きます。

    急にスマホにポップアップ(プッシュ通知ともいう)がきて見てみたらSMSで緊急の連絡だった・・・。そんな経験はありませんか?SMSであれば、100%ポップアップが相手に表示されます。メールであれば、前述の通り迷惑メールに振り分けられてしまったり、送られる回数が多いので、ポップアップしても他のメールと合わせて通知されたりします。SMSであれば、相手のスマホの一部をポップアップで占拠できるというメリットがあります。

    3. 特別な機器やアプリの導入は不要

    アプリのアイコン
    連絡や業務の為に、新しい機器やアプリを導入する必要はありません。SMSがあれば。

    業務の為に、特別なチャットアプリをインストールしたりするのは嫌だという人が多いのは想像がつきます。アプリの中で、新しいチャットスレッドを作って一括掲示板みたいにすることもあるようですが、普段使わない機器やアプリをインストールして使うのはストレスです。SMSなら、どの携帯でも初期からインストールされていて、しかもちょっとした用事で日常のうちに使うケースも多いのでなれているユーザーは多いと言えます。

    4. プライベートと混同しない

    プライベートと混同しない
    仕事・業務とプライベートが混同するのは気持ち悪いです。

    LINEに仕事・業務の会話が入ってくると嫌な方も多いです。SMSで送るような用事はビジネス寄りなことが多くて、一般的にLINEの利用目的とは若干離れています。送るユーザーのことを考えるとSMSが優れていると言えます。

    5.

    続きを読む

    QRコードの作成をLINEでできるようにしました

    「ちょっとしたQRコードの作成面倒くさい。PCを使うまででもないし、スマホアプリもできればいれたくない。スマホで手軽にQRコードを簡単に作れる方法ないかな。」

    そんな希望にお答えします。

    本記事の内容

    • LINEでQRコードを作成できようになります。
    • LINE登録の方法とQRコード作成のわずかな手順がわかります。

    私は、クライアントのマーケティング支援やアプリ制作などを行なっています。また、集客分析ツール「Siteach」などを自社で作ったりしています。クライアントのWEBキャンペーンQRコードを作るのが面倒だったので、LINEでできるボット作りました。

    一般でも使えるようにしたので是非友達登録して使ってください。

    LINEで登録するだけでQRコードが作れる

    まずはともかく下記動画をご覧ください。LINEでQRコードを作る一部始終です。


    お分かりでしょうか。たった数手順でQRコードを作成することができています。これまでQRコードの作成と言えば、PCでQRコード作成サイトに行って作成するというのが一般的でした。それが、こんなに簡単に短時間にできるんです!

    LINE登録の方法とQRコード作成のたった2つの手順

    それでは、どうやったら動画のようにQRコードを作成することができるのか、ご紹介させていただきます。必要な手順はわずかに2つだけです。

    1. LINEボット「闇のQRコード作成者」を友達登録

    QRコードを作って送ってくれるボットサービス「闇のQRコード作成者」をまずは友達登録してください。下記友達追加ボタンをおすか、またはQRコードから友達追加URLにアクセスしてください。

    友だち追加

    2. ボットにQRコード化したいURLを送付

    通常のLINEと同じように、チャットを送ることのできる入力窓があります。入力窓にQRコード化したいURLをコピペして貼り付けてください。次に送信ボタンを押したら、数秒間待つだけ。必要なQRコードが変装されてきます。QRコードをタップしたら、自分のスマホに保存してください。また、動画でもあったように、QRコードの画像をボットに送ると、逆にURLに変更して送り返してくれます。ぜひ試して見てください。

    おさらい:QRコードはLINEでサクッと作る

    QRコードはPCで作らない
    これまで、QRコードはPCで作成したり案外面倒な作業でした。LINEで作ると作業が圧倒的に効率化できます。
    今までのPC作業で、時間がかかっていたQRコード作成作業をLINEに移行する方法を紹介しました。しかも、必要なのはたった2つだけ。

    1. LINEボット「闇のQRコード作成者」を友達登録
    2. ボットにQRコード化したいURLを送付

    超簡単で秒速でできるので今すぐ試してみてください(笑

    闇のQRコード作成者はコチラ

    友だち追加

    あなたのビジネスでLINEボットを作ってみませんか?

    私たち合同会社Indentはクライアントのマーケティング支援を行なっています。LINEボットを使ったマーケティングキャンペーンの企画から構築と言った施策のご相談も受け付けております。「不動産案内をLINEボットでやって見たい」「LINEで簡単なゲーム作ってクーポン配布したい」「簡易予約受け付けシステム作りたい」といった内容も受付可能です。集客やマーケティングにきっと役立ちます。ご相談ください。
    合同会社Indentはコチラから

    続きを読む

    スプレッドシートをデータベース化するメリットと方法

    「エクセルめんどくさいなぁ。データ量が少ないからクラウドで使えるスプレッドシートでいい気がする。スプレッドシートはデータベースとしても使えるっぽいけど、いい情報がネット上に載ってない。」

    そんな疑問にお答えします。

    本記事の内容
    • スプレッドシートをデータベース化して使う5つのメリットがわかる
    • サンプル付きでスプレッドシートの検索方法がわかる

    スプレッドシートをデータベースとして利用することで業務効率を向上させられます。役立つ情報をお伝えできるのではないかと思っています。

    [無料業務アプリ提供中]スプレッドシートを簡単に!
    クライアントの要望に応え、スプレッドシートから簡単に検索・抽出・書き出しをするアプリを開発しました。スプレッドシート専用の業務アプリを無料提供しています。プログラミングは必要ありません。Googleフォームとも連携可能。

    スプレッドシート連携システムTracePA

    スプレッドシート連携専用の検索・抽出・書き出しシステム「Trace PA」